西村伸也さん

著名人にも愛される下北沢のカレー店「茄子おやじ」の2代目店主がオリジナルTシャツに込めた想いとは

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長らく続く名店を継ぎ、店を守りながらも時代にあわせた新しいビジョンを展開していく――

そんな試みに挑戦しているのが、東京・下北沢にあるカレー専門店「茄子おやじ」の2代目店主・西村伸也さん。2017年1月のリニューアルオープン以来、オリジナルTシャツを作るなどをして、新たな形で店の魅力を発信しています。

 

西村さんにとって、Tシャツとはどんな存在なのでしょうか?

そこに込められた素敵なエピソードをインタビューしました。

この店を絶対に絶やしてはいけないと継ぐことを決意

茄子おやじの看板

 

音楽や演劇の街、東京・下北沢。カルチャーの発信地であると同時に、カフェや居酒屋など多くの飲食店が店を構えています。カレー専門店「茄子おやじ」は、そんな下北沢の路地裏で28年続く名店。先代の阿部さんが作った欧風カレーは多くの人に愛され、小説家の吉本ばななさんやミュージシャンの曽我部恵一さんなど、著名人も足繁く通っています。

茄子おやじのカレー

 

「もともと音楽とカレーが大好きで、地元の宮崎から東京に出てバンド活動をしながら、いつか自分でカレー屋をやりたいと思っていた」という西村さん。初めて「茄子おやじ」のカレーを食べたとき一瞬でその味のファンになり、スタッフとして働き始めたとのこと。

 

西村伸也さん

 

その後、2016年に先代が引退、西村さんが店を継ぎ、2017年1月にリニューアルオープンしました。

 

西村さん:今まで先代の味を愛してくれた人に受け入れてもらえるだろうか……という不安な気持ちは多少ありましたが、それよりも挑戦することへのワクワクの方が大きかったですね。とにかく僕はこの店のカレーを誰よりも愛していたので、継ぐなら僕しかいないと思いました。下北沢の街は再開発でどんどん古いお店がなくなっているところですが、茄子おやじだけは何があっても絶対にやめてはいけない。自分が守っていくという気持ちに、一切迷いはありませんでした。

 

「たくさんの人に茄子おやじを知ってほしい」西村さんが始めた新たな展開のひとつがオリジナルTシャツだった

ガラス越しの西村伸也さん

 

愛する店を守る――その使命を胸に日々試行錯誤したという西村さん。同時に、西村さんはさまざまな新しい取り組みを始めました。名店の味と老舗の雰囲気は守りつつ、西村さんならではのお店づくりを進めたのです。

 

まず、リニューアルの際に、茄子おやじの内装を大胆に一新。BGMは西村さんセレクトのアナログレコードに。

 

茄子おやじ店内

レコード

 

また、「茄子おやじ」のオリジナルTシャツの販売も始めました。もともとファッションが好きで、いつかお店のTシャツを作りたかったらしく、茄子おやじTシャツの販売も構想は以前からあったとのこと。

Tシャツ

 

Tシャツのデザインを手がけているのは、広島で活動しているイラストレーターのRUMINZ(ルミンズ)さんです。そのイラストを見ると、「きっとお店に昔から所縁のある人が描いたのだろう」と思うほどお店の雰囲気にぴったりですが、実際は違ったようです。

 

西村さん:RUMINZさんの絵は以前からレコードのジャケットなどで見たことがあって、ずっとファンだったんです。最初はTシャツを作る目的ではなく、お店のロゴを作りたいと思ってRUMINZさんに連絡をしたら、なんとわざわざ広島からお店まで来てくれて。カレーを食べてもらって話をして、店の雰囲気を感じてもらい、そのときのフィーリングをそのままイラストを表現してくれましたこちらからはテーマなど何も伝えず、完全にお任せしました。男が大きなスプーンをギターのように抱えてチャック・ベリー風のステップを踏んでいるこの感じ……もう最高です。

 

西村さんが考える、Tシャツスタイルの魅力とは?

西村伸也さん

 

在、「茄子おやじ」Tシャツは全部で3種類RUMINZさんデザイン以外にも、原宿で人気のブランド「ユーティリティ」さんが考案したデザインもあるとのこと。

ファッションが好きなら、オリジナルグッズはバッグやシャツなど他にも選択肢があったはず……。でもなぜ西村さんは“Tシャツ”を選んだのでしょうか?

 

西村さん僕はファッションアイテムの中でも特にTシャツが好きなんです。一番の憧れは映画『スタンド・バイ・ミー』でリヴァー・フェニックスが演じたクリストファー・チェンバースのファッション。Tシャツにジーパン、コンバースのスニーカーというシンプルでカジュアルなスタイルが“究極のオシャレ”だと思っていて、自分もミュージシャンとしてステージに立つときはいつもTシャツにジーパンです。だから、はじめから“茄子おやじのアイテムを何か作りたい”ではなく、“茄子おやじのTシャツを作りたい”というハッキリとした目標がありました

 

まだ販売を開始したばかりとのことですが、オリジナルTシャツの売れ行きは好調。

 

西村さん:お店のお客さんだけでなく、インスタグラムのDMからは東京都外の方からも多く注文をいただいています。これには意外でしたね。たまたまデザインを見て気に入ってくれたのか、以前からお店のことを気にしてくれていたのかわかりませんが、もしかするとTシャツが日本中に店の名前を広めてくれるかもしれません

 

 

Tシャツは、茄子おやじの進化を象徴する存在。

伝統を守るためには、頑なに進化を拒むのではなく、時代に合わせて、また自分のカラーに合わせて変えながら、一番大切なものを守り続けるという姿勢が大切なのだと、西村さんの言葉から強く感じました。

最後に、西村さんにこれからの目標や夢を伺いました。

 

西村さん:2代目茄子おやじとしてこの店を守り、さらに自分が現役を引退する何十年か後には3代目に任せられるように、もっともっといい店に成長させたいです。そして、店と一緒に自分もかっこいいおやじになりたいです。それから、Tシャツ。まだ第一弾を発売したばかりですが、また新しいものを作って多くの人に手に取ってもらいたいです。

 

西村伸也さん

 

Interview & Writing & Photo:下條信吾(KaRaLi・Tropicos)

世界でたった1つ。
あなただけのオリジナルTシャツを作ろう。

bnr_T-shirt03

オリジナルTシャツ400円~

 

茄子おやじ

【取材協力】茄子おやじ

■住所:東京都世田谷区代沢5丁目36−8 アルファビル 1F
■営業時間:12:00〜22:00
■定休日:不定休
■電話番号:03-3411-7035
■Instagram:https://www.instagram.com/nasuoyajicurry/

オリジナルのチームウェアのご相談は プラスワンインターナショナル 0120-703-577 月~土
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加