Tシャツのサイズ、間違ってない?サイズによる印象の違いと選び方

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tシャツのサイズは、着ている人のスタイルや印象を決める、とても重要な要素。

サイズを間違えてしまうと胴長短足に見えたり、太って見えたりしてしまう事も少なくありません。体にフィットし、シルエットの綺麗なTシャツを選ぶようにしましょう。
また、サイズ感は、個々人の身長やTシャツの色などによっても様々です。そこで今回は、サイズ感を決定づける色々な条件をご紹介していきます。

好みにあったジャストサイズのTシャツを見つける参考にしてみてくださいね。

Tシャツの合わせ方

0720-01

 

「友だちと同じTシャツを着たのに、なぜか自分の方がスタイルが悪く見える」といった経験はありませんか?

この現象が起こる原因は、自分の体形とTシャツのサイズが合っていないためです。

 

では、体に合ったサイズ感とは、どのようなものでしょうか。

まずは体に合うTシャツを選ぶ際に見るべきポイントをご紹介します。

 

 

1. 着丈(きたけ)

Tシャツの長さをチェックします。美しく見える長さは一般的には「ベルトが隠れる程度か、ベルトの位置よりやや長め」と言われます。基準より長いと胴が長く見えるので注意が必要です。

 

ロングTシャツの場合は、膝上まで長さがあるとバランスがとりやすいです。

曖昧な長さの物はコーディネートが難しいので、避けた方が良いかもしれません。

 

2. 肩幅

 

肩幅と肩の縫い目がピッタリ合っているTシャツはスマートな印象を与えます。

肩幅より大きいと、「体に合っていないTシャツを着ているな」と思われがちです。

 

ビッグサイズのTシャツをゆったりと着ることもありますが、その際は思い切り大きなものにしてしまうことで、体系に合っていないという印象を払しょくできます。

中途半端に大きいと「体に合ってない」印象が強くなり、おしゃれに見えません。

 

3. 襟ぐりの広さ

 

襟ぐりが広すぎると、だらしなく見えます。Vネックの場合も、中央の鎖骨が見える程度が良いです。

夏でも、鎖骨の下のあばら骨が2本以上見えているのは、広すぎかもしれません。

 

4. 身幅

 

身幅も肩幅と同様です。肩幅と身幅が体に合っている細身タイプのTシャツは、痩せてみえます。

 

身幅は服の中に手を入れても、ほとんど膨らまないくらいのゆとりがある程度がベストです。

手の厚みくらいの余裕があるサイズを選んでみてください。

身長によるサイズ感の違い

基本的なサイズ感についてご説明しましたが、当然ながら身長によっても印象は大きく違ってきます。

次はご自身の身長や骨格に合わせてTシャツを選ぶときのポイントをご紹介します。

 

0720-02

 

 

背が低い場合

 

背が低い場合、肩幅よりも大きなTシャツや、ロングTシャツなどの着丈が長いTシャツを着ると、さらに小さな印象を与えてしまうことがあります。

比較的小さめで、体にピッタリしたTシャツを着た方がバランスを取りやすいです。

 

背が高い場合

 

背が高い人は、着丈をベルトより下にするとバランスが良いでしょう。短いと下半身の面積が大きく見え、バランスが悪く見えてしまいます。

背が高いと必然的に足も長くなるので、長めのTシャツにも挑戦してみるのも良いですね。

 

コンプレックス部分が隠れるサイズにする

 

人によっておへそから下の面積が違います。

下半身の大きさが気になる人は、やや長めのTシャツを選んでみましょう。

ヒップラインが気になる方は、前は短くて背中の方だけ長く、お尻が隠れるTシャツなどもおすすめです。

 

「コンプレックス部分を隠すファッションよりは、活かすファッションの方が良い」と言われますが、見せたくない場所がうまく隠れる長さのTシャツを着てみるのも良いと思います。

色によるサイズ感の変化

0720-03

 

膨張色と収縮色によっても、サイズ感が違ってきます。同じサイズであっても、目の錯覚で小さく見えたり大きく見えたりするのは経験上、皆さんご存知かもしれません。

 

膨張色

 

白やピンク、黄色などの明度の高い色を膨張色と呼びます。膨張色の服は、広がって見えるのが特徴です。

身幅がピッタリでも、膨張色のTシャツは大きく見えるため、全体のバランスが変わります。

 

逆に痩ている人は白系のTシャツを着ることで全体的にまとまった印象を与えることができます。

 

収縮色

 

黒や濃いグレー、紺色などの暗い色は収縮色と呼ばれています。その名の通り、収縮して見える色なので、着痩せ効果が期待できます。

 

収縮色のTシャツを着ると横に細く見えますが、身丈も短く見えてしまうので、全体的なバランスをチェックしましょう。

胴が短く見える効果もありますが、反対に下半身がより大きく見える場合もあるので注意が必要です。

まとめ

同じ色、同じデザインのTシャツを着ても人によって印象が変わるのは、人によって体形が違うからです。

今回ご紹介した目安を参考に、身長や体型に合ったTシャツの長さや色を選んでみましょう。オリジナルで、しかも自分に似合ったTシャツが見つかれば、日常が少し豊かになります。

 

ぜひ自分にジャストサイズのTシャツを見つけて、毎日のコーディネートに活かしてくださいね。

オリジナルのチームウェアのご相談は プラスワンインターナショナル 0120-703-577 月~土
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加