Tシャツの素材はどれが最適?使われている素材や編み方の違いとは

Tシャツの生地の素材はなにが最適?使われている素材(綿やポリエステル)や編み方の違いとは

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tシャツを選ぶ際、素材に注目することはとても重要です。一言で素材といっても、たくさんの種類があります。種類ごとの特徴を知っておくことで、好みの着心地や着用シーンに合ったTシャツを選ぶことができます。今回は、綿やポリエステルなどの主なTシャツの素材と、生地の風合いを左右する編み方の種類についてご紹介していきます。

Tシャツの素材を知る

Tシャツに使われている主な素材は、綿とポリエステルです。また、複数の素材を組み合わせた“混合素材”で作られたTシャツもあります。

 

綿(コットン)

綿は、Tシャツの生地によく使われる定番の素材です。肌触りが良くて清涼感のある素材なので、Tシャツだけでなくタオルや下着など多くのアイテムで使われています。高い耐久性や吸水性、保温性を持っているのも特徴です。

その一方で、吸水性が高いがゆえに乾きにくく、汗をかくとベタつきやすいというデメリットがあります。また洗濯すると縮みやすいという性質もあります。

 

冷房設備のある室内でのイベントや、あまり汗をかかない文化系のイベントでは、着心地が良くて保温性に優れた綿素材のTシャツがおすすめです。

 

ポリエステル

ポリエステルは通気性や速乾性に優れた素材なので、汗をかいてもさらっとした着心地を保てます。またシワや型崩れが起きにくく、害虫の被害も受けにくいのが特長です。

反面、綿に比べると肌触りが劣るという点がデメリットです。独特のゴワつきやザラつきがあるので、敏感肌だからあまり好きではない、という方もいます。また毛玉ができやすい、静電気がたまりやすいといった点もポリエステルの特徴です。

 

スポーツイベントや屋外イベントなどの汗をかくシーンでは、吸汗速乾・通気性ともにバッチリのポリエステル素材のTシャツはおすすめです。またビジネスシーンでは、運動量が多くなりがちな飲食店などのユニフォームにも向いています。

 

混合素材(混紡素材)

混合素材は、綿やポリエステルなどの複数の素材をブレンドして作られる素材です。それぞれの素材の配合バランスによって、Tシャルの性能や着心地が変わってきます。例えば綿の割合が多ければ着心地が良くなり、ポリエステルの割合が多いと速乾性に優れたTシャツになります。

 

「室内イベントで多少汗はかくけれど、着心地を重視したい」というときは、綿80%、ポリエステル20%のTシャツがおすすめです。着心地と吸汗速乾性をバランス良く求めるなら、ポリエステル55%、綿45%のTシャツがGOOD。機能性と着心地のどちらを重視するか、どのような用途で使うかを考えて、使われている素材の配合バランスをチェックしてください。

 

また、トライブレンドと呼ばれる素材も混合素材のひとつです。綿とポリエステルに滑らかな肌触りのレーヨンという繊維を組み合わせた素材で、柔らかくて肌触りと着心地の優れたTシャツです。ただし、トライブレンドには綿と同じように縮みやすいという特徴があるので注意してください。

編み方の種類で生地の風合いが変わる

素材の編み方や織り方も、Tシャツの着心地や機能性、生地の風合いを決める大切な要素です。ここからは、代表的な生地の編み方や織り方をご紹介します。

 

1.平織(ひらおり)

縦糸と横糸を1本ずつ交互に織っていく織り方のことです。平織りの特長は頑丈で摩擦に強いことで、薄手の織物などでよく使われています。糸が重なることで生地に厚みが出ますが、糸の交わる部分に隙間があるので通気性が高く、夏服でよく使われることが多い織り方です。

 

2.綾織(あやおり)

綾織とは、糸の交差部分が斜めになるのが特徴的な織り方です。斜文織(しゃもんおり)やツイルとも呼ばれます。平織りに比べて糸の密度が高いので、地厚な生地に仕上がります。また伸縮性が高いのでシワがよりにくく、滑らかで光沢があります。Tシャツ以外にもジーンズのデニム生地などでも使われています。

 

3.裏起毛(うらきもう)

平織の変化形で、地編糸に別の糸を添える編み方です。その名のとおり、生地の裏面組織が毛羽立っているのが特徴で、ローラーや針布などを用いて毛羽立たせて、繊維の間に暖かい空気をたくさんため込むことができるようになっています。、保温性が高く、毛布のような柔らかい手触りになるので、パーカーやスウェットなど、寒い時期の服の素材に使われます。

 

4.裏毛(うらけ)

裏起毛と同じく平織の一種で、パイルや裏パイルとも呼ばれます。表側が平織(天竺編み)で、裏側は細い糸の輪(パイル状)が並んだ二重構造になっているのがポイントで、これによって表側は滑らかな見た目ですが、肌に触れる裏側は柔らかくて暖かな着心地になります。裏起毛と同じく、主にスウェットやトレーナーによく使われています。

 

5.天竺(てんじく)

天竺編みは、最も基本的な平編みの一種とされています。表側と裏側で編目に大きな違いがあり、表側は縦方向やV字型の筋、裏側はやや粗く半円形の編目ができるのが特徴です。薄くて軽く、横方向に伸縮しやすいので、Tシャツ以外にもセーターやアンダーウェアなどによく使われています。また肌触りの良さに加え、通気性や吸湿性に優れているというのもメリットです。

 

天竺という名前の由来は、かつて天竺と呼ばれていたインドから輸入された生地に、この編み方が使われていたことからきているそうです。

 

6.鹿の子(かのこ)

重ね編みと表編みという2種類の編み方を用いて作られる生地です。模様が子鹿の皮によく似ていることから、鹿の子という名前で呼ばれます。透かし目が作られるため通気性が高く清涼感があり、平織に比べて横方向に伸びにくいという特徴があります。ポロシャツや夏のカジュアルウェア、スポーツウェアなどによく使われます。

 

7.ハニカムメッシュ

表側に四角形の凹凸を立体的に作り、蜂の巣のようなメッシュを作るのがハニカムメッシュです。凹凸があることから厚みがでますが、メッシュ素材のため通気性はバッチリです。さらっとした爽やかな肌触りと吸汗速乾性の高さが特徴で、夏のTシャツやポロシャツ、夏用の枕カバーやマット、靴のインソールやスリッパなど幅広いアイテムで使われています。

 

8.ポリエステルメッシュ

原料にポリエステルのみを使ったメッシュ生地です。ポリエステルのみで構成されているので薄くて軽く、通気性に優れています。速乾性にも優れているので、Tシャツやポロシャツの素材として重宝されています。着心地もさらっとして軽やかなため、汗をかきやすいスポーツや暑い時期におすすめです。

用途に合わせて素材を選ぼう!

Tシャツに使われる素材はいくつかあり、それぞれで特徴があります。さらに編み方や織り方よっても、Tシャツの着心地や機能性が違ってきます。どの素材にもメリットとデメリットがあるので、用途や利用環境に応じて適した素材・織り方を選びましょう。スポーツチームのユニフォームとして使いたい」「自治会での活動の際に着用して連帯感を高めたい」など、どんなときに着たいTシャツなのかを考えるのが失敗しないTシャツ選びの基本です。

 

Tシャツの素材選びに迷ったら、こちらの記事も読んでみてはいかがでしょうか。

▼Tシャツのオンスとは?着心地を左右するオンスの数字と糸の種類

オリジナルのチームウェアのご相談は プラスワンインターナショナル 0120-703-577 月~土
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加