ドライTシャツの素材・特徴を知ってオリジナルデザインしよう!

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツウェアや夏服などによく利用されている「ドライ素材」をご存知でしょうか。汗をかいてもベタつかず、暑い日でも快適に着る事が出来るため、スポーツ時などは特に重宝します。また速乾性にも優れており、洗濯後もすぐに乾いてくれるのも魅力のひとつです。

今回は、そんなドライ素材を使用したドライTシャツの構造や魅力をご紹介していきます。オリジナルプリントもできるため、友人同士や恋人同士などでオリジナルのドライTシャツを作って楽しんでみてはいかがでしょうか。

ドライTシャツの素材

スポーツの際や夏場に気持ちよく着ることができるドライTシャツですが、その仕組みは素材に隠されています。まずは、2つの特徴的な機能をご紹介しましょう。

 

1: ポリエステル素材

 

ポリエステルは化学繊維ですので、綿に比べると肌触りは劣ってしまいます。しかし、繊維の編み方により、素早く汗を吸収し、外に汗を蒸散させることが出来るという長所を持っています。そのため、ポリエステル100%のドライTシャツは非常に速乾性が高いのが魅力です。

 

また、ポリエステルはシワになりにくく、アイロンをかける必要がないのも特徴です。

 

一般的に販売されているドライTシャツはポリエステル繊維で作られていることが多いですが、中には「綿の肌触りの良さ」と「ポリエステルの速乾性」を持たせるため、綿とポリエステルを混ぜた「混紡(こんぼう)素材」のドライTシャツも販売されています。

 

2: メッシュタイプ

 

ドライTシャツがメッシュタイプが主流となっているのも特徴です。メッシュとは網目になっている素材のことで。生地が網目のようになっている素材です。

 

生地が網目状になっているおかげで、空いた隙間から体の熱が外に放出されます。それにより、蒸れにくいだけでなく、体温の上昇も防いでくれる役割を担っています。

 

ポリエステル素材でメッシュタイプを選ぼう

 

特に涼しく感じることができるドライTシャツはポリエステル素材で、メッシュタイプになっているものです。タグを確認し、素材などを確認してから購入すると良いでしょう。

 

初めてドライTシャツを買った方は、「洗濯した後、こんなに早く乾くなんて!」と驚くかもしれません。洗濯物が乾きにくい梅雨の時期などにも重宝しますよ。

プリントできる!おすすめドライTシャツ

ドライTシャツは暑い時期に便利ですが、イラストなどがついていない、シンプルなデザインのものが多くみられます。

 

せっかく着るなら、おしゃれなデザインのドライTシャツを着たいですよね。オリジナルTシャツを製作できる「プラスワン」なら、WEB上で簡単にお気に入りのデザインをオーダーできます。

ここでは、プラスワンでオリジナルデザインをオーダーできる、おすすめのドライTシャツをご紹介します。

 

glimmer DRY(グリマードライ)

 

ポリエステル100%、吸汗(きゅうかん)力・速乾性抜群のメッシュ素材です。汗をかいてもベタベタしないのが魅力。プラスワンの場合、布地の色が41色と豊富なバリエーションからお選びいただけます。サイズも100㎝から5Lまであるので、子どもから大柄の男性まで幅広いサイズのオリジナルのドライTシャツが作れます。

 

https://www.p1-intl.com/item/detail/281

 

UnitedAthle (ユナイテッドアスレ)4.1oz ドライアスレチックTシャツ

 

吸汗力と速乾性に優れたポリエステル素材と、UVカット素材を採用しています。厚手でしっかりしているため、毎日洗濯してもくたびれにくいのも魅力です。厚手でも、涼しく、汗も乾きやすい高機能Tシャツです。

色も全36色、サイズも120㎝からXXXXL(4XL)までご用意しています。

 

https://www.p1-intl.com/item/detail/2470

オリジナルのドライTシャツにおすすめのワンポイントデザイン

ドライTシャツを仲の良い仲間内で揃えたり、部活でチームメイトなどと揃えたりする場合は、やはりTシャツにワンポイントがあったほうが、おしゃれで自然に結束力を高めることができます。

 

無料デザインもある

 

プラスワンでは、無料のワンポイントのデザインも用意しております。デザインをするのは難しいと感じられる方でも、すでに用意されているデザインを気軽にご使用いただけます。例えば、花や羽、炎、ボールなど、多彩なデザインがありますので、息子さんはサッカーボール、娘さんはダンスガールのシルエットというように、ワンポイントのデザインを分けておけば分かりやすいでしょう。

 

もちろん、オリジナルのデザインを使うこともできます。絵を描くのが好きなお子さんのTシャツには、自分で描いた絵をドライTシャツにつけてあげてみてはいかがでしょうか。お子様も喜ぶでしょうし、家族での思い出になるかもしれませんね。デザインが苦手という方には、ゼロからデザイナーがデザイン提案するサービスもあるので利用してみてはいかがでしょうか。

 

https://www.p1-intl.com/contents/template_top.html

まとめ

ドライTシャツの素材は、速乾性が高いポリエステルのため、夏場の汗をかくような暑い日や、スポーツ時には最適なTシャツです。

また、体温が高く、暑さに弱い人やスポーツでよく汗をかく人、汗によるベタベタ感が苦手な人には特におすすめのTシャツといえるでしょう。

年々、真夏日が増えています。体に熱がこもってしまうと熱中症の危険もありますので、今年はオリジナルのドライTシャツを着て、快適にお過ごしください!

オリジナルのチームウェアのご相談は プラスワンインターナショナル 0120-703-577 月~土
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加