魂の叫びをTシャツに!手書きの筆文字が熱い“漢字デザイン”

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サークル活動や体育祭などといった“お祭り”で、メンバーの士気を上げるのに一役を買ってくれるものがあります。それは「漢字Tシャツ」。

 

今回は、チームの意気込みや願いを込めた「漢字」を選び、漢字Tシャツをカッコよくデザインする方法をご紹介します。

字が苦手でも大丈夫。漢字を美しく魅せる筆文字のポイント

字が上手に見えるどうかの印象は「バランス」で決まります。以下のポイントを抑えれば、字に自信のない人でも漢字を美しく魅せることができますよ。まず、美字を書くポイントは以下の通り。

 

①横線は少し右肩上がりに
右へ水平線を引くと、のっぺりとした印象に。シャープな角度は4~6度が目安。躍動感が出ます。

 

②“はね・とめ・はらい”をしっかりと
文字をゆっくりと書くと、自然と丁寧な印象が備わります。“はね・とめ・はらい”は少し大げさに、線幅に強弱を付けましょう。

 

③画数の多い漢字はまとまりを意識
横線の多い漢字はバランスを取るのが簡単ではありません。例えば「羊」や「重」などは、一番下の線を長く、他の線を短く揃えるとバランスがよく見えます。

 

続いて、上記を踏まえたうえで、今度は筆文字のポイントをお伝えしましょう。

④字の書き始めは墨を溜めるように一旦「とめ」、文字の終わりの「はね」は勢いよく、「はらい」はゆっくり長めに。「はね」や「はらい」は、かすれさせても味のある文字になります。

 

⑤より漢字Tシャツっぽい文字にするために「の」や「中」といった囲みがあるものは“丸”を書くようにしても様(さま)になります。

 

⑥辺や作りを表す箇所は、波線や点線などを活用しながらシルエットや絵で表現してみると、よりユニークな印象に。

実践!筆文字を使った漢字Tシャツのデザイン方法

では、ここからは、筆文字を使った漢字Tシャツのデザイン方法をいくつかご紹介します。

 

■勢いのある文字で熱いメッセージを表現

文字のはね、かすれ具合が“炎のゆらめき”のようにも見せられます。「隼」「昇」など、意味に勢いを含む文字はあえて早いスピードで書き上げてもgood。

 

■大胆に文字を崩して“シルエット”を加える

漢字の意味を表す“シルエット”を加えてみると、可愛らしくも仕上がります。「猫」「鈴」「桜」は部首をきちんと書いていませんが、読めますよね。大胆に文字を崩すことも必要です。

 

■文字の大きさに強弱を付けて読みやすさを重視

2文字以上の単語や文章の場合は、大→小→大の順番で書きましょう。すると「3年2組」「体育祭」「優勝」といった変哲のないフレーズも、文字の大きさに強弱を付けることでリズムが生まれ、読みやすくなります。

 

■筆の動きを変えて、イメージを創る

同じ「風」の文字でも受ける印象が違いませんか?線の太さ、向き、かすれ具合などを色々試してみてください。

アレンジを楽しめるのも漢字デザインの魅力

上記を参考に漢字をデザインできたら、もうひとひねり加えてみましょう!

すると……

どちらの漢字デザインも、さらに雰囲気がよくなりました。このように、アレンジを楽しめるのも漢字Tシャツをデザインする魅力です。

 

チームの意気込みや願いが込められたカッコいい漢字Tシャツをみんなで着て、サークル活動や地体育祭で熱い思い出をたくさん作ってください。

伊勢ゆきこ

Webデザイナー

美容系や食品系のデザインを主に制作。かわいいデザインを得意とする。最近はコーディングや執筆など、活躍の場を広げている。

オリジナルのチームウェアのご相談は プラスワンインターナショナル 0120-703-577 月~土
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加