アグリー・クリスマス・セーター風!ダサ可愛いTシャツの作り方

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ楽しいクリスマス!自宅や学校、サークル、会社などでクリスマスパーティーを行う人も多いはず。ただ、定番のサンタやトナカイのコスプレに飽きてきた……とマンネリを感じている人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、おすすめしたいのが「アグリー・クリスマス・セーター」。「あえてダサいセーターをクリスマスの日に着る」というのが数年前から海外で話題になっています。

 

今回は、このアグリー・クリスマス・セーター風のデザインを手軽にTシャツに取り入れる方法をご紹介します。

アグリー・クリスマス・セーターの特徴

ダサいアグリー・クリスマス・セーターは「駄セーター」とも呼ばれ、その「悪趣味さ」を逆に楽しもうとするもので、若い世代を中心に海外の人たちに愛されています。アメリカでは「アグリー・クリスマス・セーターの日」まで定められているとか。

 

そんなアグリー・クリスマス・セーターのデザインには以下のような特徴があります。

 

・クリスマスの時期にしか着られない派手なデザイン

 

サンタクロースやツリーの飾りなど、クリスマスの定番アイテムがこれでもかと散りばめられています。また、カラーは、補色と呼ばれる赤と緑、青と黄色といった反対色の組み合わせ。よりクリスマスっぽさが派手に際立ちます。

 

・誰が着てもミスマッチ。だけど、何だか可愛げがある

 

ダサいデザインですので、誰が着ても似合わないのですが、その明るさと派手さゆえ、何だか可愛げが感じられます。そのため、見ている方もついつい笑ってしまって、楽しい雰囲気が生まれます。

アグリー・クリスマス・セーター風Tシャツではダサい演出こそセンスの見せ所!

では、上記に挙げたアグリー・クリスマス・セーターのデザインの特徴を踏まえ、オリジナルTシャツを作ってみましょう。このデザインでは、絵が得意でなくても問題ありません!かっこ良く見せる必要はなく、むしろ下手な絵の方がダサ可愛くなります。

 

1.クリスマスっぽいモチーフを書き出す

クリスマス前には、街のいたるところでクリスマスの装飾を見かけます。テレビや雑誌でもクリスマス特集が組まれるので、デザインの参考にしましょう。

 

2. イラストを詰め込みすぎるくらいデザインする

モチーフをもとにイラストを描いたら、印刷面積のギリギリまで詰め込みましょう。ひとつのイラストを画面いっぱいに配置しても良いですし、同じイラストを横方向に並べれば編み物のような柄になります。

 

3.とにかく「派手さ」を意識する

キャラクターを入れるなら、真ん中に大きく!サンタの帽子を被せたりリボンを巻いたりすると、いい感じにダサくなります。また、星や雪、レンガなども、たくさん入れるとより悪趣味に。「やりすぎぐらいが丁度いい」を意識してみましょう。

 

4.ニットセーターの編み目を再現する

セーターの編み目を再現し、ノルディック柄やクロスステッチ柄を表現すると、より冬の服らしく見えるでしょう。

アグリー・クリスマス・セーター風Tシャツでクリスマスパーティーをおもしろく!

クリスマスパーティーで、最もダサいアグリー・クリスマス・セーター風Tシャツを来てきた人やチームにプレゼントをあげたりすれば、パーティーゲームとしても有効活用できます。

 

また、お揃いのアグリー・クリスマス・セーター風Tシャツを着て写真を撮れば、インスタ映えも狙えるかもしれません(笑)

 

今年のクリスマスパーティーをおもしろおかしくするアイデアとして、ぜひアグリー・クリスマス・セーター風Tシャツを作ってみてください。

伊勢ゆきこ

Webデザイナー

美容系や食品系のデザインを主に制作。かわいいデザインを得意とする。最近はコーディングや執筆など、活躍の場を広げている。■HP:https://icedesignoffice.jimdo.com/

オリジナルのチームウェアのご相談は プラスワンインターナショナル 0120-703-577 月~土
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加